ブログ

岐阜の中津川で200系ランドクルーザー中期を後期に顔面移植の回~①

こんにちは~

忙しいくせにかなりマニアックな仕事も請けてさらに忙しい八高オートですw

200系のランドクルーザーですが、前期、中期、後期とマイナーチェンジを繰り返して300系へフルモデルチェンジしたのですが、

なんだかんだで2年から5年の納期と噂されるこの新型ランドクルーザーのおかげで、プラドをつなぎで乗るなんて話も

ちまたでは噂されてますよねw

200系のランドクルーザーも後期型はまだまだ新車価格以上といわれるだけあって、かなりの人気を誇ります。

そんなことでランクルオーナーが少しは考える顔面移植なんですが、

前期顔から中期顔への顔面移植「フェイスチェンジ」は比較的難易度が低いという話なのですが、

中期から後期はなかなか難易度高いですよ~

これ、最後のガラスコーティングの段階なんですが、見事に200系後期でしょう?

これ元は中期のランクルです。これがまた大変だったんです汗

今年は300系の受注で大量注文から始まり、70ランクルやその他の話で盛り上がりまくりですw

ちょっとやそっとじゃできない話ですが、これで経験を積ませてもらったので、次からはさらにお話もスムーズかと・・

この車も前後がっつり加工されていますが、ボンネットもフェンダーもバンパーも・・・・・・

まぁだいたい交換ですよw

鈑金屋さんとの打ち合わせも何度も行いました。

途中で配線の作り直しで入庫してきていたところですが、

配線図を広げて、一つ一つ確認しながら進めました。

テール周りもゲート交換にガラス取り外しに加工まで、全開で変更になります。

テールの配線も一つずつ確認して引きなおしです。

これで今後同じ事があっても自分達の財産から対応する事ができます。

全くカタチの違う物が、全部作り直しでパッと見完全に変わってしまうんですから、

鈑金屋さんの技術の高さにいつも驚きます。

これも部品発注だけでもかなりの大仕事で、ただ顔を換えるだけではなく、

実際に問題なく稼動する必要がありますから、先の先の先まで考えて部品も取ります。

こんな大仕事を任せてもらえるんですから、お客様にも感謝しかありません。

ランクルの顔面移植のお話は明日も続けますが、

ご興味のある方は是非お問合せ下さいね!

引き受けられるお店は確実に限られると思う内容ですので、

確かな経験と技術力のあるお店に皆様から認知されるように、

明日も頑張りたいと思います!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る