ブログ

車検は安いほうがいい?

八高オート

こんにちは。

中津川市・恵那市のお客様に密着した、車検、中古車販売、クルマ買取、新車販売を得意とする、八高オートです。

よく車検の料金は安ければいいという話を聞きますが、一概にそうとも言えないと思います。あるお客様が大手車検チェーンで長く車検依頼をされていましたが、この度弊社に車検で入庫する事になりました。

車検整備の考え方で、お客様がよく勘違いされる事があります。

「車検を通したから、隅々までキチンと整備されている」

と思っていらっしゃる方が多いという事です。

車検というものは国が定めた「保安基準」を満たしていれば、車検に合格するんです。

車検→「検」←検査の検。つまり、車検整備とは、検査に合格するための整備という事です。

その良い例を今回はブレーキについてお話します。

取り外したブレーキと新品のブレーキ

今回大手車検チェーンで受けていた車が、今回弊社を頼ってくださった理由は、総合的な不調でした。

10万k近く未交換のプラグ。矢印付近の端子が減って性能低下している状態

プラグ、ブレーキと両方掲載しましたが、ブレーキは、パッドと呼ばれるブレーキの部品の「残量が1mm」あれば良いというのが国の基準です。今回のパッドは3~4mmあるので、「車検には通る」という状態です。

新品のブレーキパッドが約1cmで、取り外した物は3~4mmほど

プラグは「エンジンがかかり、排ガスの基準値以内」なら特に車検を通すにあたっては影響しません。

融雪剤の影響で隅が錆で浮いて、パッドの接地面を減らしている状態

接地面の減ったパッドは制動力が落ち、中央部分しかブレーキが利いていない為段差ができる

このままだと、ブレーキは利きがどんどん悪くなります。自動車を運転する上で非常に重要な要素だと思います。プラグは変えなければ、燃費の低下や、思いもよらないエンジントラブルに見舞われる原因となります。

でも、これは交換しなくても車検に通るんですが、結果的にお客様がまだ4年は乗りたいとの事で、しっかりとこういった事をご説明・ご予算提示し、納得のうえ交換となりました。

ブレーキの面取り。右側の方が削ってある状態

弊社は取り付けにおいてもひと手間を惜しみません。左の状態でも取り付けできますが、ブレーキを直したのにキーキー音がするって話、聞きませんか?パッドの面取りをするかしないかで音の出やすさが変わってくるのですが、こういうところで差が出てきます。

単純な車検の基本料金は大手にかないませんが、しっかり整備する場合では、お客様に総合的に選んでよかったと思ってもらえると自負しております。

お問い合わせはこちら!

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る