ブログ

ポルシェ カイエンターボ ボディガラスコーティング施工事例①

ポルシェカイエンガラスコーティング

こんにちは。

中津川市・恵那市のお客様に密着した、車検、中古車販売、クルマ買取、新車販売を得意とする、八高オートです。

先日よりお預かりしておりました、ポルシェカイエンターボのガラスコーティング施工事例をお知らせしたいと思います。

カイエン磨き

車好きなら一度は乗ってみたい憧れのお車です!

お客様は今のコーティングが気に入らないとの事で、八高オートにてお預かりする事となりました。

最初は4.8リッターの咆哮にみんな驚いていましたが、よくよくいろいろと確認すると、お客様が不満に思われるのも納得の状態でした。

カイエン磨き カイエン磨き

水洗いからの、粘土を使っての鉄粉除去作業中です。

洗車機前の場所は、土間に水路を掘ってあるので、以前の洗車場と比べると、とても洗車がしやすく、かつ砂などを効率的に掃除する事ができるようになりました。これも新しい仕事効率化の一環です。

特にフロントタイヤ後方付近はたくさんの鉄粉がついていました。

鉄粉が付くのは、あれだけ大きなタイヤで通常の3倍はあろうかというブレーキが付いていればしかたがないのですが、前回施工のコーティング業者さんがどうやらいい加減のようでした。下地作りが雑だったため、汚れを取り切らず、汚れごとコーティングがかけてあったため、汚れの上に皮膜ができていました。これは気に入らないはずだと納得しました。

カイエンコーティング カイエンコーティング

ボディを磨く際の研磨剤は、磨いた後に粉が出るのですが、こういったミゾに溜まって、汚れと混ざって印象をとても悪くしていました。これも雑だというのが見てとれた部分です。しっかりと汚れを取り切っていないのでタチの悪い汚れでした。こういった部分をキレイにしてこそ、初めてコーティングがしっかりと効果がでます。

全ては下地が命!

カイエン マスキングカイエン磨き

磨き作業に入る前に、傷防止のマスキングを樹脂パーツの部分に順番に施していきます。樹脂パーツに機械が当たると傷がついたり、樹脂パーツは研磨剤が隙間に入り込んで取れなくなってしまうので、こういった養生は重要です。機械でできない部分は全て手作業による磨き作業も行います。

カイエン磨きカイエン磨き

ガラス部分やモールも全て保護して、磨き作業に入ります。

磨き作業も大変でした。さすがは高級車、パッと見きれいに見えます。ですが、磨き始めると汚れに驚かされます。元の汚れを巻き込んだコーティングを取りながらの徹底作業を二人がかりで時間にするとおよそ丸一日かけて行いました。

「磨きも入れてコーティングすぐ終わります」本当に大丈夫ですか?八高オートはどんなに頑張っても乾燥まで入れて新車でも2日以内に縮めることは不可能なんですが・・・・中古車や使用中車両ならガラスコーティングで最低3日は頂戴する事がほとんどです。

今回も4日近くお借りしましたが、本物のクオリティを知ると、考えも変わるかもしれませんよ!

明日からは連休を頂戴しますので、休み明けは磨き作業もお伝えしたいと思います。

 

八高オートでは、公式ラインアカウントを開設しています。

登録はラインアプリをインストールして、下記のボタンをクリックで登録完了です。

友だち追加

各種お得なお知らせや、クーポンプレゼントを配信していきます。

お問合せも通常のラインと同じ感覚で使用できます!

友だち追加の特典は、「オイル交換半額クーポン」をプレゼントしています。当日から使用できるお得なクーポンですので、この機会にぜひご登録下さい!

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る