ブログ

JB64Wジムニー 新車の下回り防錆塗装を行いました!

こんばんは!

新車の納車準備もどんどん進んでいますよ~!

新車の商談も毎日入るので、まだまだ今年が続くような気がしています。

でもあと1週間も無いですよね~

下回りの防錆塗装、よく依頼あるんですが、たしかにしたほうがいいと思いますが、なんでもかんでもやると非常に見苦しいので、八高オートではあまりおススメしてません。お店のある地域でも、雪も減って融雪剤を撒く頻度も本当に減ってきました。

しかも、10年前、20年前と比べたら、本当にベースの塗装やシーリングが良くなってきたこともあり、昔ほど錆を気にする必要も減ってきました。

なんせこのあたりの地域は豪雪地帯とは程遠いですから、融雪剤を撒いた道路を走った後に、下回りだけ流しておけば、そうそう錆でボディに穴が空くことは減ってきたと思ってもいいと思います。

なので、10年以内に車を乗り換える方なんかは、絶対やるべき事ではないんじゃないですか?とお伝えしています。

新車の下回り塗装や、車検時での下回り塗装ですが、ほとんどのお店がこんな養生なんて、していないですよ。

特に白系の車で塗料飛びしている車も見ますが、よ~く見ないと分からないだけで、以外と塗料飛んでる車多いです。

車検とかでよく絶対塗るべき!と勧められている方も多いと思いますが、お住まいの地区と気候、状況を良く検討されるといいと思います。

錆が出ている車は錆取りしてから塗らなければまた錆が浮くので実際効果が薄いですし、本当にこの辺って豪雪地帯ですか?

潮風もどう考えても無い地域だと思いますから、定期的にきちんと洗えばかなり錆は予防できます。

八高オートでは新車でご依頼される場合、だいたい普通の3倍くらいの予算をお願いしていますが、

マフラーやバンパーなど、塗料が飛ばないように、しっかり塗れるように、部品を取り外してから、ただのシャーシブラックの塗料ではなく、

塩害防止専用の分厚い塗装を施します。

塗料飛びが無いように、しっかり養生をしてから施工する事も忘れません。

ホース類などもしっかり養生して、塗料飛びを防ぎます。なんでもクオリティ重視です。

丁寧に施工するのはもちろんですが、気休め程度の事をお客様に大きな事を言っておすすめしたりしないので、やるときはトコトンやります!

錆止めしないとよく買い取り査定に響くという話を耳にしますが、

下回り塗ってある=錆びてる

と私達は仕入れの時に考えています。

本当に査定を下げたくないなら、洗車機でいいので、冬場は洗車を定期的に行う事をおススメしますよ。

塗らずに錆びてないのが一番評価高いですからww

多分八高オートの積載車の錆のなさを見ると、査定に出したらかなりのイイ評価になると思いますw

今回のお客様もボロッボロになるまでジムニーを乗り倒して、新車に乗り換えのお客様です。

そりゃあ大事に乗るためにご依頼を受けたら手を抜かないですよ!

コーティングはボディだけじゃなくて、下回りもこだわりますので、安価にお願いしたい方には正直向かないかもしれないですが、

ご依頼されたら、しっかりやります!・・・・・が、かなり手をかけるので、断ることもあるかもOrz

最終日まであと少し、頑張りますよ~!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る