トラックの荷台張替えを行いました⑥

こんにちは!

連日のトラックの荷台張替えの話題も今日で最後になります!

実際手がけてみると、本当に荷台の張替え作業は大変な仕事です。

トラックの架装がとにかく高額なのも頷けます。

荷台に荷物を止める金具を取りつけていきますが、これもこの分だけ一つずつ掘っていきます。

アピトン材も荷台の材料だけあって、メッチャクチャ硬いので、削るのも一苦労です。

木屑だらけになりながら、一つずつ作業を進めて、ピッタリとはめていきます。

かなり形になってきた荷台も、背板と塗装で完成にどんどん近づきます。

背板も防腐剤を塗りコーキングを打っていきます。

手つきがいやらしいと社長に言われながらコーキングを打つKさんww

アングルの塗装も行えば完成です!しっかりとした作りにすることができて満足の一台です。

あおりの部分の木材と比べるととてもキレイになったのが分かると思います。

もうしばらくはやりたくないと思うくらい大変な仕事でしたが、

イイ仕事が出来ました!!

最近はおかげ様でさまざまな仕事が増えて、保管してあるネタもたくさんあります。

いつも多くのご依頼、本当にありがとうございます!

 

明日も頑張りましょう!

トラックの荷台張替えを行いました⑤

こんにちは!

そういえば八高オートですが、ユニフォームが新しくなりました!

どんなのになったかは店頭で確認してくださいねwww

まだ6月だというのに最高気温はもうすぐ30度と考えると、温暖化の影響を感じます。

天気のように八高オートのスタッフはポカポカ頑張ってます!

しばらく続けているトラックの荷台張替えも、はや5回目になりました。

アピトン材の張替えは無事完了して、アングルという鋼材の切り出しをおこなっています。

見る人が見れば分かる道具ばかりを持っている八高オートはなんでもやってしまいますw

こうやってつけていくと、どんどん形になっていくのが分かりますね!

家のフローリングのようになって、イイ感じですw

補強はビス打ちと溶接で行います。

熱い粉が降りかかりまくっても微動だにしません。

角の部分は溶接してから削って形を整えます。

隙間ができないように丁寧な仕事を心がけています。

あとはアングルの塗装と、鳥居にもアピトン材を貼り、コーキングなど細かい部分を仕上げて出来上がりです。

およそ1週間製作にかかりましたが、満足のいく仕上がりに近づいています。

明日は荷台張替え最後の更新になると思いますが、懲りずにまた読んでくださいね!

明日もまた、頑張りましょう!

トラックの荷台張替えを行いました④

こんにちは!

明日からは少し雨になるかもしれませんが、久々に晴れ続きで先週末からバイクの人が多いように感じます。

ちょこっと雨が続いて、また晴れになる予報なので、梅雨らしくない感じもしてますね。

トラックの荷台の張替えストーリーですが、数回で終わるかと思ったら、あと三日くらいかかりそうです。

私としてはネタに困らないのでいいですが、説明文を書きながら写真を載せていると、けっこうなボリュームになります。

ついにアピトン材を打ち付けるところまでやってきましたこの荷台の張替え作業です!

ビス止めしてしまう前に、前から合わせていきます。

写真のようにでこぼこに見えますが、長さは1mmあるかないかの誤差なので、そろえるとかなりピッタリです。

反りやゆがみが出ないように押さえながら、一本ずつビス止めをしますが、ちゃんとビスが隠れるように穴を空けてからビス止めします。

穴を空けずにビスを打つと頭だけ写真のように頭だけ浮いてしまいます。

細かい所まで手を抜きませんよ~!

炎天下の中、ボス達は本当に一生懸命に作業しました!

これもお客様の為!!120%の仕事です!

何百本とビスを打ってアピトン材の打ちつけを行いました。

あとは荷台を一周アングルと呼ばれる鋼材で囲って、溶接やら加工やらと、

こまごまと残っている仕事が続きます。そちらの模様をお届けしていきます。

引き続きご期待下さい。

明日も頑張りましょう!

トラックの荷台張替えを行いました③

こんにちは!

5月最終日&新しい週が始まりました!

ワケも分からず忙しい事が多かったですが、お蔭様で5月も安心して締められそうです。

本当に皆さんのおかげです。いつもありがとうございます!

まだまだ先行き不透明なのは私達八高オートも例外ではありません。

お客様に選ばれるお店であり続ける為に、新しい施策をどんどん考えていきたいと思います。

先週からお届けしております、デュトロの荷台張替えの様子を今週も何回かに分けてお届けしたいと思います。

下板にしっかり防腐剤を塗り、アピトン材にも防腐剤を裏表塗っていきます。

フローリングのように組み合わせて敷くタイプの板を16枚重ねて、防腐剤を塗っていきます。

八高オートは塗装家が家業の職人もいるので、塗り物もしっかりとしたクオリティで仕上がりますw

長さを合わせながら切っていくのですが、当然ノコギリの刃の当てる位置を目安線を残すか残さないかなど、刃の分を計算してカットします。

もう1mmズレるだけでも嫌な人達なので、出来上がりを見るとため息が出る仕上がりです。

アピトン材の切りそろえが終わってからは、隙間の調整などをして、下板の打ちつけに入ります。

ビス一本打つだけでも、ちゃんと頭の分を削ってからビスを打ち、でこぼこにならないようにするなど、いちいち芸の細かい所までこだわりますw

分かる人には分かる、早い話がしっかりとした作りこみをしていますよという事ですw

細かい所にも手を抜かないのが八高オートの良い所です!

なんだかんだで今月も1ヵ月間ありがとうございました!

今週も頑張っていきましょう!

 

 

八高オートではお得なクーポンなどをお届けしている公式ラインアカウントがあります!

ラインアプリをインストールしていれば、下記のボタンクリックで登録完了です!

登録特典に当日から使用できる「オイル交換半額クーポン」が付いてきますので、登録だけでもお得です!

「整備予約・各種お問合せ」など、気軽に聞きたい事が手軽に聞けますので好評をいただいております。

近々お得情報の更新を始めようと思うので、知らなかった事もお届けできたらと思います。

友だち追加

お気軽にお問合せくださいね!

トラックの荷台の張替えを行いました②

おはようございます!

今週も今日で終わりと思っていたら、5月も終わりに近いです。

毎月数字ともにらめっこしながら、傾向を自分達なりに探って今後に生かせるように研究しています。

お蔭様で順調に拡大をしており、車屋さんに常連さんといえども3ヶ月おきくらいしか来店されないですが、

最近では「人増えた??」と聞かれる事が増えてきました。

お仕事も増えましたし、それはスタッフもたくさん増えましたよ!

本当に皆さんのおかげです!ありがとうございます!

先日からお伝えしております、トラックの荷台張替えの様子の続きです。

軽トラック一台分の床板を外すとたくさんの骨組みが見えてきます。

ほとんどのビスが折れてしまうので、一本ずつ引き抜いていきます。

これが大変なんです。本当に。書いてる私が一番手伝っていないので、大ヒンシュクです汗

泥除けなども外して、スチーム洗浄を行います。

みえない所も美しく!八高オートのモットーです。

アピトン材と呼ばれる床材を貼る前に、コンパネで下板を貼っていきます。

ピッタリ合わせるのはもちろん、「だいたい何枚あれば足りるやろ~」みたいな感じではなく、

歩留まりまで考えますww 無駄なことはなるべくしない!

これもモットーですw

ありとあらゆる道具を駆使して、あたかもそのままついていたかのような純正品質を目指す八高オートは、

こだわりの職人ばかりがそろっています。

普通の車屋に無い道具があるので、たいていの事は出来てしまいます。

社長いわく、「使い方が分からないと意味がない」とのことで、

使い方が分かるからこそ、良い物が作れます。

この面合わせが八高クオリティだといつも自慢してきますが、確かに凄い精度で作り上げます。

この鉄板分だけ削って、高さを合わせるこのクオリティが随所にみられる仕上がりになってきています。

「いい仕事」を目指すのが八高オートです。

来週からは防腐材を塗ってそれらしくなってくる荷台の話から始めたいと思います。

今週も忙しくて更新できない日もありましたが、一週間ありがとうございました!

また来週もよろしくお願いします!

 

           
TOP