プラスライン DA17エブリィ 2インチリフトアップ 完成しました!

こんにちは〜

ようやくタイヤの山がなくなってきて、

タイヤ交換、販売シーズンのヤマを超えたと感じます。

タイヤの販売に伴い、廃タイヤが出てくるのですが、

この廃タイヤもある程度の量がないと回収してもらえません。

数百本単位でお願いするんですが、年々呼ぶ回数が増えています。

それだけご依頼も増えてきたということで、本当に嬉しいことです!

ご期待にお応え続けられるように、引き続き頑張ります!

春のタイヤセールもご期待くださいね!

前回に引き続きプラスラインのエブリィのコンプリートカー作成のお届けです。

鈑金工程から帰ってくると、バンパーもしっかり色合わせして戻ってきます。

知ってました??

純正色というもので先に塗ってあるものは、色は近くても、近くでみると結構違うものです。

そこを、車に合わせて調色してもらってから塗ってあるだけで、あたかも最初からこのバンパーだったかのような

仕上がりにすることができます。

ここが塗装済みのバンパーを使用するのかしないのかの違いで、クオリティの高さの所以です。

リフトアップについてまわるのが、足回りの調整です。

八高オートが誇るジョンビーン製の4輪アライメントテスターの出番です。

リフトと一緒に写っているポールについている黒いセンサーが

リフトの上昇に合わせて自動で上下します。

正直軽自動車にそこまでの精度は求められませんが、高い精度で確認しながら調整作業を行うことができるのがメリットです。

色々な工程を経て、同じプラスラインのコンプリートカーでも、

本家を越すつもりでいつも仕上げています。

こればかりはご依頼していただいたお客様しかわからないことです。

このエブリィの装着しているタイヤのオープンカントリーでも、

このサイズのホワイトレターは発売されたばかりで、

ご注文時では海外のタイヤでお話ししていますが、

より良いと思われることはどんどんお客様にタイムリーにご提案しています。

カスタムカーは、お客様と一緒により良いものを作っている感じがして、

作る方も熱が入ります。

お客様のこだわりがたっぷり詰まった1台に仕上がりました!

今回も自信を持ってお勧めできる仕上がりになったと思います。

最近思うのですが、

かなり中津川市福岡町は交通の便は悪いと思っていますが、

こうやって市街地のお客様が一人、また一人とわざわざ来てくださいます。

そこで、八高オートのモットーである「120%の仕事」をすることで、

「あっ、このお客様、八高オートのお客様になってくれたな〜」と明らかにわかる瞬間があります。

自分たちの仕事の方向が間違っていないという感覚の再確認にもなりますし、

何よりもやりがいを感じます。

「大満足です!超かっこいい!」

と言ってもらえるだけで、本当に嬉しくなります。

中津川市M様、本当にありがとうございました!

今後ともよろしくお願いします!

プラスラインだけに関わらず、大体のリフトアップに関わるメーカーさんと直接お取引がありますので、

お気軽にお問い合わせください!

分からない事があったとしても、調べて必ずご報告いたします!

努力はお客様との信頼関係を築くために惜しみませんw

あなたの憧れ、こだわりの1台、八高オートで作ってみませんか?

なんだかんだで明日でもう週末です。

年内の営業もあと3日、全力で頑張ります〜!

           
TOP